CPUファン故障

先週末、リネージュ2を起動したらPCのファンがすごい勢いで回りだしました。どちらかというとオーバースペックなPCなので、それまでそんなしゃかりきに動くともなかったのに。何だこれは。

リネージュ起動しなければファンがそこまで回るわけでもないので、これは何かウィルスにでもやられたのかなーと思って調べてみましたが、そういう感じでもありません。それどころか、BIOS調べてみようと起動したらBIOS画面でもファンがフル稼働。何だこれは…。ウィルスとかソフトウェアの問題じゃなく、ハード的な問題なのがここで確定。

グラフィックボードのファンではなくCPUファンがフル稼働になるらしいことを突き止め、フリーソフトでCPUの温度を調べてみたら目玉焼きでも焼けそうな高温になってました。やばいよ、このまま使ってたら煙出そう。CPUグリスが乾いちゃったのか、CPUファンが壊れたのか、とにかく何とかしなきゃ。

CPUグリス買ってきて自分で塗ろうかなと思ったのですが、PCの保証期間を調べてみたら、まだ保証期間内でした。しかもオンサイト修理保証。3連休の週末をまたいだので、頼んでから実際に修理に来てくれるまで少しかかりましたが、それでもPCを送らずその場で修理してもらえるのは便利です。結局、CPUファンのネジ取り付け部が1か所折れていて、3か所でしか止まっていなかったためきちんと固定されず、CPUファンとCPU間に隙間ができて冷却できていなかったとわかりました。CPUファンを交換して、修理完了。

よくオンサイト修理の保証なんか契約しといたな。偉いぞ自分。次買うときもやっぱり保証はつけておこう。メインPCは、やっぱりオンサイト保証が良いですね。サブ機なら何でもいいんだけど。