お祭り

リネージュ2でよく使われる言葉の中で、最初意味がよくわからなかったものに「みなぎる」と「祭り」があります。それぞれ、ちょっと独特な意味合いで使われるから。

「みなぎる」の方は、例えば「みなぎりで行くよ」みたいに使われるのですが、最初は「何をどうみなぎらせるんだろう」と不思議に思うばかりでした。どうも、「全力で」という意味みたい。要するに、能力値を向上させるポーションやアイテムは使える限りすべて惜しげなく使い、最大火力で行く、という意味で使われるようです。

一方、「祭り」の方は自分が意味わかってないことに気づくにも時間がかかりました。何しろ、勘違いしたままでも何となく会話が進んじゃうから。以前、クランチャットで「自分はお祭り狩りは苦手だなぁ。たまになら楽しいけど、いつもだとくたびれちゃう」と話したことがあります。周囲は「そうだねぇ」と同意してくれて、話を終わりました。

自分の言う「お祭り」とは、大人数で効率も何も考えずにわいわい賑やかに狩る、というイメージ。しかしリネージュ2では少し違う意味で使われているらしい、と気づいたのは、ヒーラーとペアで狩ってたときでした。動き方を失敗して、想定以上の数の敵をリンクさせてしまったのを片付けた後、「相変わらず、祭りのときの判断が遅くてダメダメだなぁ」。え…? ペアなのに祭り…?

リネージュ2での「祭り」とは、すなわち修羅場のことだったのでした。お祭り騒ぎするのは、プレイヤーじゃなくてモンスターだったのね。賑やかであることには違いないんだけど、その視点には気づかなかったわー。視点が逆方向なら当然意味も正反対になるわけで、以前自分の話したことも違う意味に捉えられてたんだろうなぁ、と思いました。

ところで、ここしばらく遊び相手いなくて全く遊んでないので、過去のネタを小出しに書いて来ましたが、そろそろストック切れ。というわけで、しばらくお休みになりそうです。

2 thoughts on “お祭り

  1. リネ1風に言うと、忘れられた島で一歩前進しようとして間違えて数歩進んで、敵わんさか来た! というのがお祭り状態ですね、昔よくやりました・・・  みなぎる、はその状態でナイトが白く光りながら喜び勇んで敵に特攻する様子・・・これもよくやらせてしまいました。最後まで下手なWizだったなあ・・・私。

  2. あれ、「みなぎり」の理解が違う…。ボスなど相手が単体でも使ってるのを聞いたことがあるので、回復POT使いまくりというよりは、たとえばエルフなら青P+ワッフル常用、DEなら常時DB+SFみたいな感じと理解してました。サーバによっても使い方がいくらか違うのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*