Wikipedia

アクセス解析を眺めたら、リンク元アドレスにWikipediaが入っていてびっくりしました。いったいどんな記事で引き合いに出されてるのかと見に行ってみたら、Wikipediaのブラックリストに関する議論のページに、うちへのリンクがありました。

どうやらWikipediaにもたびたびウィルス入りサイトへのリンクが書き込まれたようで、それをアクセス規制して欲しいという要望が出されていたのです。すぐさま対処されたみたいですが、それでもこういうのは必ず事後処理になります。書き込まれてしまったら、対処されるまでの間はウィルス入りサイトへのリンクがWikipedia上に存在するわけです。

Wikipediaほどの有名どころだと、それがWikiであることを忘れて、無防備にリンクをたどってしまう人が多そうです。かく言う自分だって、そんなには用心しないもんなぁ。こういう事例を聞くと、ただ「用心する」だけではもうダメなんだなと思います。

やっぱりウィルス対策ソフトの他に、PeerGuardian2みたいなIPフィルタソフトを使うしかなさそう。ROのユーザの間には結構広まったようなのですが、最近激しく狙われているFFXIのユーザの間でも、うちのサイトを参照して利用を勧める動きがあるようです。ほんと、物騒な世の中になったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.