詐欺罪

しばらく前にモラルというモノについて書いたとき、東北エルフが「ゲーム内の悪事と犯罪をごっちゃにしてる人がときどきいるよねー」なんて話をしました。

そう聞くと自分は「ゲーム内で悪事を働き続けることで感覚が麻痺して、現実の犯罪に走っちゃう人」を連想しましたが、東北エルフが言ってたのは逆方向の混同のことでした。全体チャットで「詐欺でアイテム取られた。GM何とかしろ」と言っている人がいたのだそうです。あー。いるねぇ。そういう仕様なのにね。

もっとも、それが仕様であるということと、良い仕様かどうかは別の話だけど。NCJは「悪役がいた方がゲームの面白みが増す」と言ってますが、自分はそれも限度問題じゃないかと思ってます。ただし、そういう仕様に対して苦情を言うなら、全体チャットで暴れても単に「困ったユーザ」と見られるだけでしょうから、公式サイトのしかるべきページからでないと意味がないんじゃないかな。

今のところ「詐欺でも何でもあり」という仕様が社会的に容認(というか黙認)されているように見えますが、今後は少し風向きが変わるかもしれません。以前にもちょっと書いたとおり、別のゲーム内で詐欺を働いた人が逮捕されたんですよね。

以前日記に書いたときには、まだ逮捕されただけで有罪かどうかは確定してなかったのですが、執行猶予つきとは言え有罪判決が下りました。

このゲームはアイテム課金のゲームなので、リネージュとは事情が異なりますけど。でも、こうして有罪判決の前例ができれば、少なくとも今後はアイテム課金のゲーム内での詐欺は、通常の詐欺として摘発されるということ。それが、リネージュのような「プレイ権をユーザに時間貸しする」課金方式のゲームにどう影響していくのか、興味深いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.