広告審査

トップページにもお知らせしてますが、「123リネージュ資料室」なるトラップサイトが一時Yahoo!でスポンサーとして表示されていました。サイト名がサイト名なので、不愉快この上ありません。

3/22に、Yahoo! の広告会社であるオーバーチュアに電話で苦情を言ったところ、即日対応してスポンサーから削除されました。他からも同じ苦情があったそうです。一見対応が早いようにも見えますが、対応時間が平日昼間に限定されているため、週末にトラップが仕掛けられた場合には、どんなに早くとも翌営業日まで放置されることに。

トラップサイトには、同じIPアドレスに違うドメイン名をつけて再登録される場合が多いので、IPアドレスのブラックリストを作成すれば受け付け時に選別できるはずだと考え、電話に出た担当者に訊ねてみました。しかし、社内規定により「苦情を受けたら調査する」という対応しかできないとのこと。つまり、今後もオーバーチュアには確実にトラップサイトがスポンサーとして登録され続けます。

安全のため、オーバーチュアと広告契約を結んでいる検索サイトは利用しないように気をつける、あるいはスポンサーサイトは決してアクセスしない、などの自衛をした方が良いでしょう。広告契約を結んでいるサイトは、オーバーチュアの提携パートナーサイトで確認できます。Yahoo! だけでなく、MSNサーチも危険なのがわかります。検索サイトにはGoogleあたりを使っておくのが無難そう。「あの検索サイトは危ない」なんて風評が立つのは損だと思うのですが、どうしてもっときちんと対応しないんでしょうね。

なお、Yahoo!では一度でもスポンサー登録されると検索で上位に表示される仕組みなのか、ふつうに「リネージュ資料室」と検索しても、検索結果内の上位にこのトラップサイトが表示されます。こうしたことから考えても、検索にYahoo!を利用するのはあまり賢明ではないような気がします。

2 thoughts on “広告審査

  1. それはいいことを聞きました。いままでYahooで検索してましたが、これからはGoogleにしようと思います。

  2. Yahoo! にはRMT広告は受け付けない(らしい)という長所もあるんですけどね。一方、GoogleはRMT広告は野放しです。ただ、不快なのと危険なのとどちらを我慢するかと言ったら、不快さには目をつぶって安全な方をお勧めするしか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.