エルフアイテム生成

やっとwisできるレベルになりました。…こういうサイトの管理人の書き出しとしては激しく場違いなのを感じます。が、こんなとこでミエ張っても仕方ないので、正直に行きます。

wisできるレベルであろうがなかろうが、枝取り君でログインしたときには、少なくとも枝取り中はあまり知人にwisで挨拶することはありません。というのも、エルフをやったことのある人ならわかると思いますが、エントを叩いていると「f1きのこの胞子液が不足しています。」というログが延々流れ続けるからです。叩いている間ずっと流れ続けるので、ある意味戦争ログよりタチが悪いと言えます。つまり、マトモにチャットできる環境ではないってことですね(何とかならんのか)。

ところが、夕べは用があって探していたのか、ログインした途端に知人からwisがありました。こういうときに限って叩けるエントに次々と出くわすので、エントにログを流されまくり、ときどき相手のwisを見落としそうになりながら、緊張感あふれるチャットをしていたわけなのですが。見落としたわけでもないのに急に応答が返せなくなり、ちょっと心配をかけてしまいました(急に応答しなくなったときに実はくたばっていた、という前科があるもので…)。

なぜ応答を返せなくなったかというと、通りかかった人に話し掛けられたからなのです。エントを叩いているそばを数回行ったり来たりした挙げ句に、「あのー」と思い詰めたように話し掛けてきたので、きのこの胞子液でもエントに持ち逃げされちゃったのかと気の毒に思って話を聞きました。

「ドエットのいる洞窟知ってますか」

は?そんな難しいこと、白ネームに聞くなよっ。じゃなくて、ドエットって洞窟になんかいないんですけど…。よくよく話を聞いてみると、「エルフのアイテム生成のためにドエットのいる洞窟で刀身をもらってこい」と誰かに教わってやってきた模様。そこで、ドエットは地上にいて、アイテム生成の方法を教えてくれるだけであること、刀身はEC2Fのブロッブに材料を与えて倒すと作れることを説明してあげました。何を作るんだろうと思って、レイピアですか? と聞いてみたら、「エルヴンソード」。……。

「そうか、ECに行くんだー」とそのエルフ氏は喜び勇んで出かけて行ったのですが、何だかとっても心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.